家を効率的に利用しよう|投資マンションで人生の主役になれる|やりたいことをやろう
婦人

投資マンションで人生の主役になれる|やりたいことをやろう

家を効率的に利用しよう

内観

初期費用を準備しておく

仕事の都合などで、分譲マンションや持ち家を長期間空ける場合には、自宅を賃貸物件として貸し出す、リロケーションを行うと良いでしょう。リロケーションは、管理会社に仲介してもらうことで、入居者と契約をかわすことができます。しかし、無用なトラブルを避けるためには、リロケーション会社に自宅を借上げてもらい、賃貸物件として管理してもらう方法が最適です。ただ、リロケーション会社に依頼する場合は、入居者の募集や、契約手続き、保証料などが必要になるため、ある程度の初期費用が必要になります。初期費用は設定された賃料の1ヶ月分を超えるため、余裕をもって2ヶ月分ほどを用意しておくと良いでしょう。また、契約中は月ごとに管理手数料も必要になるため、各リロケーション会社の契約内容を精査して選んでいきましょう。

様々な利点がある

リロケーションは、最初から入居期間が決められている契約となるため、一般的な賃貸マンションの3割減ほどの収益となります。とはいえ、入居者の滞納が発生した場合には、契約会社に保証してもらうことができるので、安定して一定の収益を手にできるところは大きな魅力です。リロケーションは、自宅が無人の状態になることも防げるため、賃貸収益を手にできるとともに防犯対策にもなります。また、家屋は長く放置しておくと湿気のために傷みやすくなりますが、人が住むことは家屋を適切に維持していくことにもつながります。入居者の審査や家賃の回収、クレーム処理など、専門的なノウハウが必要とされる管理業務は全てリロケーション会社に任せられるので、効率的に収益を出していくことができます。