初心者でも安心|投資マンションで人生の主役になれる|やりたいことをやろう
婦人

投資マンションで人生の主役になれる|やりたいことをやろう

初心者でも安心

硬貨

期待の新ビジネス

これまで、個人の自宅をホテル代わりに貸し出すことは、法律で禁止されていましたが、外国人観光客の増加に伴い、日本でも民泊が認められるようになりました。東京や大阪、沖縄の一部は、民泊の特区に認定されたので、マンションなど空いている不動産を有効活用できる新ビジネスとして期待されています。外国人観光客が増加したことによって、東京や大阪ではホテルが不足しています。外国人観光客の中には、日本で普通の家に泊まって文化を体験したいと思っている人も多いので、日本における民泊のニーズはかなり多いと予想されています。民泊を提供することで、マンションの空き部屋などの遊休不動産をビジネスとして活用することができるので、民泊ビジネスには、不動産業など様々な業界から新規参入があるでしょう。

効率的な運用方法

民泊の利用者とオーナーにとって欠かせないものが、「airbnb」と呼ばれるオンライン上のサービスです。民泊のオーナーは、airbnbのサイトに施設の情報や利用料を掲載し、利用者は、そのサイトから宿泊施設を選んで予約することができます。オーナーにとっては、利用者との細かなやりとりをシステムが代行してくれるので、airbnbは非常に便利と言えます。airbnbの中には、利用料の請求や徴収も代行してくれるサービスもあるので、運営者は、費用を払ってもらえない、不当にキャンセルされるというリスクを減らすこともできます。民泊のオーナー向けの代行サービスは他にもあり、鍵の受け渡しや清掃、ベッドメーキングなどを代行してもらうことができます。