男性

投資マンションで人生の主役になれる|やりたいことをやろう

利益を上げるために

集合住宅

不動産投資で工夫すること

投資マンションを購入することは相続税の対策にもつながります。その理由は相続税における財産評価と市場にて取引される時価がかい離することが多いためです。そもそも相続税における評価は、財産評価基本通達に基づいて行われます。財産評価基本通達は課税を行うために画一的な基準を設けるために規定されています。また土地は路線価に基づいて評価を行います。路線価は実際に市場で取引される価格に比べて約80パ−セント程度での評価になるように決められています。これに対して現金や預金であれば当然相続税法では額面金額で評価されます。したがって現金や預金で保有しているのであれば不動産に投資することで時価とのかい離分だけ節税することができます。

不動産投資で知るべきこと

相続税との関連で投資マンションを考える際は、空室率を意識しておきましょう。相続税の節税のために購入していた投資マンションであったとしても空室が続けばその分だけ資金流出が続いていくことになります。そのため投資マンションでの空室を防ぐために周辺の家賃状況を把握しておく必要があります。また、入居者が賃貸住宅を選ぶ際に気になるのは家賃です。したがって、周辺物件と比較して設定することが重要になります。もし家賃が周辺に比べて高額なのであれば少し家賃を下げる必要があります。防犯カメラの設置やモニタ−付きのインターフォンなどの設備を充実させていくことも空室を防ぐための重要な方策となります。また購入前であれば立地状況にこだわることも重要な空室対策となります。

初心者でも安心

硬貨

外国人観光客の増加に伴い、日本でも民泊の需要が高まっています。民泊においては、予約や代金の支払いを代行してくれる「airbnb」という便利なオンラインサービスがあります。施設のオーナーにとっても、利用者にとっても安心して利用できるサービスです。

この記事を読む

家を効率的に利用しよう

内観

自宅をリロケーションする場合は、リロケーション会社に借り上げてもらい、賃貸物件として管理してもらう方法が最適です。ある程度の初期費用が掛かりますが、安定した収益を手にでき、防犯対策や家屋を適切に維持できるメリットもあります。

この記事を読む

マンション経営をサポート

住宅

マンション管理会社には事務処理や設備の保守点検、清掃や長期修繕計画など、マンション経営に関するさまざまな業務を委託できます。デベロッパー系と独立系の会社があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

この記事を読む